家でタバコを吸ってもバレない方法とは?電子タバコに切り替えるチャンス!

更新日 : 2022/4/25

コロナ禍で急速に普及したリモートワーク。
出勤時間が無くなるなどプラスの側面もありますが、悩ましい点も多いのが事実…。

中でも、「在宅喫煙」の問題は喫煙者にとって死活問題です。

そこで今回は家族や恋人にバレずにタバコを吸う方法について解説していきます。
また、在宅喫煙問題を根本的に解決する切り札もご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください!

家でタバコを吸ってもバレない対策方法とは?

家でタバコを吸ったことがバレる原因は主に「臭い」と「吸い殻」です。

ここではそんな2点の対策を中心に、家でタバコを吸ってもバレない方法を大きく3つに分けてご紹介していきます

また、どうしても吸いたいけど臭いや吸い殻は出したくない!という方にはタバコの代用品【電子タバコ】をおすすめします!

電子タバコであれば、紙タバコや加熱式タバコのような独特な臭いを発さず、吸い殻も一切出ません

フレーバーリキッドを使用して電気熱で使用するため、火の消し忘れによる火事などの危険性もありませんしアロマ感覚で良い香りや味を楽しみながら喫煙欲を満たすことができます。

そして最大の特徴は何といっても有害性が殆どないこと!
電子タバコに使用されるリキッドは加工食品や化粧品などにも使用される成分のみで作られているため健康被害はほぼ無いと言われています。

タバコの煙には非常に多くの有害性物質が含まれているのでバレないだけでなくご家族や同居人の健康被害にも気を使いたいという方に是非おすすめです。

バレない方法だけでなく、自宅で吸うタバコの種類を変えるのも良いのではないでしょうか?

電子タバコに関するコラム記事はコチラからチェック!
Beyond Vape Japan.コラム

吸う場所や自室での対策を考える

さて、ここからは実際に家族や同居人にタバコを吸っているのをバレないようにするための対策方法についてご紹介していきます!

自宅でタバコを吸う場合、やはり一番難しいのは吸う場所ですよね。
まずは吸ってもある程度煙を逃がせる場所や密閉された空間で吸うなどの対策が第一となるでしょう。

また、換気できる場所は家族の使用頻度が高かったり、吸うのに適していない場合は自室で吸う事になるかと思います。
その場合、自室だけに煙をとどめる必要が出てきます。

まずは、吸う場所と煙を家中に広げないための対策方法2つをご紹介します。

吸う場所を工夫する

もっとも簡単な方法はやはり喫煙場所を工夫することです。

可能であればベランダやお庭、近くのコンビニの喫煙所など屋外で喫煙することをオススメします
屋外での喫煙が難しい場合は、バスルームや換気扇の下、窓の近くなど煙を外に出しやすい場所で吸うと良いでしょう。

また、書斎や自室などで吸われる際は煙を窓の外に吐き出すことで、かなり臭いを軽減することができます。

ドアの隙間をつめる

自室以外でタバコを吸うことが難しい場合、廊下につながるドアの下の隙間を詰めることで煙の流出を防げます

オススメはホームセンターや通販サイトなどで販売されている「ドア隙間防音テープ」の使用です。
ゴム製の製品がほとんどなので完全に煙を外に逃すことなくブロックしてくれます。

また、もっと安く済ませたいという方は100円ショップにある長いスポンジなどを切って貼り付ける方法や、タオルを隙間に詰めるといった方法もオススメです。

ただし、臭いが部屋にこもり開閉時に臭いが広がってしまうというデメリットもあるのでしっかりと換気は行うようにしましょう。

付着した臭いに気を付けてバレないようにする

非喫煙者は、喫煙者が思うよりもずっとタバコの臭いに敏感です。

紙タバコはもちろん、加熱式タバコであっても体や髪に臭いが付着し、それらが原因で家族にバレるという事も少なくありません。

吸う場所に配慮するだけでなく本当にバレたくないのであれば、臭いについても気にするようにしましょう。

服の臭いに気を付ける

いくら煙に配慮しても、服からタバコの臭いがしてしまってはすぐにバレてしまいます。

タバコを吸った後は消臭スプレーで臭いを消すことを忘れないようにしましょう。

いちいちスプレーをするのが面倒だという方は、タバコを吸われる際に1枚上着を羽織ると良いでしょう。
服の表面に臭いの粒子がつくことを防いでくれるため、まずまずの防臭効果を発揮してくれます。

当然タバコを吸った後に着替えるという方法も有効ですが、ご家族に洗濯される際にバレることが無いよう、なるべくご自身で洗濯機を回すようにしたほうが良いでしょう。

髪の臭いにも気を付ける

盲点になりがちなのが髪に付着したタバコの臭い
喫煙者の方なら、シャワーを浴びる際に想像以上のタバコの臭いに驚いた経験があるはず。

煙の通過するところに髪の毛を近づけないように気を付けましょう。
髪の長い女性などはあらかじめ束ねておくと効果的です。

そのほかの予防法として、スタイリング剤をつけておく方法もあります。
髪をコーティングすることで臭いの粒子を落としやすくしてくれます。

また臭いが付着してしまった場合は、ブラッシング、ドライヤーの熱と風で飛ばす、髪用の消臭スプレーを使用するなどの対処が効果的です。

部屋の消臭も忘れない

お部屋の中でタバコを吸われる場合、ご自身だけでなくお部屋の消臭にも気を配りましょう。
ご家族に入られた場合はもちろん、お部屋の臭いは衣服や小物にも移ってしまいます。

消臭剤や消臭スプレーは常備しておくようにしましょう。
消臭剤・スプレーについては無香料のものが効果的です。
お花など香りの強いモノはタバコの臭いと混ざって不快感を増長させてしまうこともあるためお気を付けください。

その他、より強力に消臭したいという方は空気清浄機の導入も効果的ですのでご検討ください。

吸い殻の処理を完璧にしてバレないように!

いくら臭いや煙に気を使っても、吸い殻が見つかってしまっては水の泡。
最後まで気を抜かずしっかり処理しましょう。

少量であればコンビニや出先の灰皿に捨てるという方もいるかもしれませんが、あまりオススメはしません…。

ネット上では「トイレに捨てる」といった回答も目立ちますが、詰まってしまう可能性も高く、「トイレから大量の吸い殻が…」なんて最悪の事態もあり得ますので絶対にしないようにしましょう。

一番良いのは袋を何重にもして捨てる方法です。
吸い殻って思ったよりも臭いがキツいですよね。ビニール袋に入れて縛っても臭いが漏れ出る可能性もありますし、他のゴミと引っかかって袋が破れてしまったら終わりです。

ビニール袋を2重、3重にしてさらに黒いビニール袋に入れると外からでも吸い殻が見えなくておすすめです。

少しでも金銭的余裕があるのであれば、ペット用品などで販売している消臭効果のあるビニール袋なんかもいいですね。

絶対にバレたくないなら電子タバコがオススメ

さてここまで家でタバコを吸ってもバレない方法をご紹介してきましたが、正直これだけ多くのことに気を使い続けるのはかなり面倒ですよね。

さらに、せっかくの一服を「家族に見つからないか…」と心配しながら吸うのも気持ち良いものではありません。

そこでオススメしたいのが"電子タバコ(VAPE)"の導入です

電子タバコは、臭いや吸い殻といった問題から完全に解放してくれるうえに、健康被害も最小限にとどめることができるので、そもそも隠れて吸う必要がありません
ここではそんな電子タバコについてご紹介したいと思います。

電子タバコ(VAPE)とは?

電子タバコの購入はコチラから

電子タバコ(VAPE)とは、リキッドと呼ばれる味や香りのついた液体を過熱して生じる水蒸気を楽しむアイテムです。
"タバコ"と名前がついていますが、日本国内で販売されているモノについてはニコチン・タールともにフリーとなっており、タバコよりもアロマに近い感覚の製品といえます。

よくアイコスやグローといった"加熱式タバコ"と混同されますが、こちらはタバコ葉やタバコから抽出した成分を過熱しており、全く異なる製品です。

電子タバコなら臭いも吸い殻も気にせず楽しめる

電子タバコは液体を過熱して水蒸気を楽しむアイテムなので、紙巻タバコや加熱式タバコの様に吸い殻がでません

またタバコ葉を過熱する過程がないため、紙巻・加熱式タバコに比べて圧倒的に臭いが気になりません

むしろフルーツ系のフレーバーに関しては、ガムをかんだ後のような爽やかな香りを楽しむことすら可能です。

健康リスクが最小限なので隠す必要ナシ!?

前述の通り、国内で製造・販売されている電子タバコ(VAPE)は薬機法によりニコチン・タールなどが含まれていません

そのためご家族や自身の身体に対するリスクをほとんどゼロにして楽しむことが可能です。

臭いも気にならず、かつ健康リスクも低いため、もうこれまでのタバコのようにコソコソと吸う必要もありません。
何も気にせずゆったりと喫煙をお楽しみ頂けます。

個人輸入でニコチン入りの製品も購入可能

先ほども触れましたが、日本国内で製造・販売されている電子タバコ(VAPE)は薬機法によりニコチンが含まれていません。
この記事をご覧の喫煙者の方には「ニコチンが含まれてないなら意味がない!」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

そんな方に朗報です。
"個人輸入サイト"を利用して、個人使用目的で海外から購入する場合に限り、合法的にニコチン入りリキッドの購入が可能になっています。

もちろんニコチンが含まれている以上、家族の前で堂々と吸うことは難しいかもしれませんが、臭いや吸い殻でバレるという危険性は各段に小さくなります。

家でタバコを吸ってもバレない方法|まとめ

今回は家でタバコを吸ってもバレない方法について紹介しました。
ご覧の通り、タバコをバレずに吸うにはかなり面倒な対策を講じる必要があります

また、いくら対策をしても些細なきっかけからバレてしまう可能性も…。

そうなってしまう前に、健康リスク最小限で堂々と吸える電子タバコに乗り換えてしまうのも1つの手です。
以下の記事で電子タバコについてコスパや健康被害なども含めて詳細に解説していますので、気になった方はぜひご覧ください!

当サイトBeyond Vape Japan.では、初心者の方に向けて電子タバコのオンライン販売サポートを行っており、ZOOMを通して一人ひとりに最適なデバイスの提案も行っています。
ご相談は完全無料ですので、ご興味のある方はぜひ相談だけでもぜひお越しください。

更新日 : 2022/4/25

関連コラム

関連商品