0
  • BeyondVapeJapan
  • >
  • STAFF BLOG
  • >
  • 電子タバコは無害だから未成年でも通販購入できる?法律的にはどう?

自身の健康や周囲への配慮として、年々禁煙する方が増加傾向にあります。中でも身体に無害で安全性の高い電子タバコやVAPEをタバコの代替品として選ぶ人も増えてきていますよね。

クリーンなイメージも強い電子タバコですが、はたして本当に無害なのか?未成年でも通販で購入できるのか?など、様々な疑問が飛び交っています。

今回この記事では、電子タバコに関する噂の真相を解明していきますので、興味のある方は是非参考にしてみてください。

電子タバコは無害で安全性が高い?

VAPE

「電子タバコには害があって危険」「電子タバコは無害で安全」など、電子タバコに対する意見は賛否両論。

電子タバコは無害だと言われることも多いのですが、本当に害はないのか?安全に使用できるものなのか?電子タバコの疑問についてお答えします。

日本で販売されている電子タバコについて

現在日本で販売されている電子タバコやVAPEには、タバコ製品に含まれる有害性物質のニコチンやタールは含まれていません。

そもそも日本ではニコチンの液体(リキッド)を製造・販売することが法律により禁止されているため、ニコチンを含んだ電子タバコは出回っていないんです。

ですので、電子タバコと言っても実際にはタバコ製品ではありません

なお、海外で販売されている電子タバコにはニコチンが含まれる商品も存在し、これらは当然タバコ製品に含まれるため注意が必要です。

勘違いされやすい加熱式タバコについて

今では多くの喫煙者が使用している加熱式タバコですが、加熱式タバコ=電子タバコと勘違いしている人も多くいらっしゃいます。

先程ご説明した通り、日本の電子タバコやVAPEのリキッドにはニコチンが含まれていないのでタバコ製品には該当しませんが、加熱式タバコは「タバコ葉」を使用しているためタバコ製品に該当します。

電子タバコと加熱式タバコは一括りにされることが多いのですが、全くもって別物です。もちろん、加熱式タバコを未成年が喫煙することは法律で禁止されています。

電子タバコの有害性は?本当に無害?

日本で購入できる電子タバコには身体に有害なニコチンやタールが一切含まれていないので、紙巻きタバコや加熱式タバコと比べても圧倒的に安全性が高いといえるでしょう。

また、電子タバコに使用されるリキッドの成分は、人が口にしても無害な成分や食品添加物として使用される成分のみで製造されているので、安心して使うことができます。

しかし、いくら電子タバコの安全性が高いと言えど、完全に無害だという研究結果は出ていないことも事実。電子タバコが与える影響に関しては、まだ様々な意見が飛び交っています。

ただ、紙巻きタバコや加熱式タバコを吸い続けるよりも身体への負担は軽減されていると言えますので、少しでも健康を意識し禁煙や減煙を考えている方には最適です。

電子タバコは未成年でも購入できる?

未成年電子タバコ

日本では未成年の喫煙は法律で禁止されています。しかし、日本で購入できる電子タバコやVAPEがタバコ製品じゃないとなると、未成年でも簡単に手に入れられるのでは?と思われる方も多いと思います。

この先では、未成年でも電子タバコを購入できてしまうのか?電子タバコを使っていても法律的には問題ないのか?未成年の電子タバコの使用について解説していきます。

法律的には未成年でも使用できる

何度も繰り返しますが、電子タバコやVAPEはタバコ製品ではありません。そのため電子タバコを未成年が購入して使用していたとしても、法律的には問題ないとされています。

しかし、いくら法律に触れないといっても電子タバコから煙(蒸気)が発生している以上、周りからしてみると「未成年がタバコを吸っている」と誤解されかねません。

タバコ製品ではないから、とルールやマナーを守らないで使用していると、社会的な制裁や補導の対象になってしまう可能性も十分あり得ます。

未成年でも電子タバコを購入できる?

「未成年でも電子タバコを購入できるのか」という点に関してですが、電子タバコを取り扱っている多くの販売店や通販サイトでは、20歳未満への販売は行われていません。

未成年への電子タバコの販売が法律的に禁止されているわけではないのですが、電子タバコが未成年者の喫煙に繋がる可能性があるため、販売自粛している販売店や通販サイトが大半です。

電子タバコを購入する際は基本的に年齢確認が行われますので、たとえ未成年の電子タバコの使用が法律で認められていたとしても簡単に購入することはできません。

電子タバコは20歳になってから

社会のルールや喫煙マナーを考えると、いくら無害な電子タバコであっても使用するのは20歳になってからが望ましいです。

また、未成年だけでなく、成人の方でもマナー・ルールを守って電子タバコを使用するように心がけなくてはなりません。

周囲の人々からしてみれば、電子タバコも加熱式タバコも紙巻きタバコも同じ。電子タバコが吸えない場所も増えてきていますので、しっかりと喫煙場所を守って楽しみましょうね。

通販購入できるおすすめの電子タバコ

通販

最後に、通販で人気のある最新型の電子タバコやVAPEをご紹介します!

最近では様々な種類の電子タバコ・VAPEが登場しており、電子タバコ初心者でも簡単に使用できるタイプが特に注目されているんです。

少しでも健康を意識し禁煙を考えているのであれば、紙巻きタバコや加熱式タバコよりも無害な電子タバコが役立ちます!電子タバコに興味もある方は是非参考にしてみてください。

通販で買える電子タバコ①JUUL

通販で購入できる電子タバコでおすすめの「JUUL」は、初心者でも非常に簡単に使える電子タバコとして人気があります。

JUULはアメリカで誕生した最新型の電子タバコで、POD型と呼ばれるデバイス。専用のカートリッジを使用するため、従来の電子タバコで必要不可欠だったリキッドの充填やメンテナンスが一切必要ないことが特徴です。

非常に小型で軽量なデバイスなので持ち運びやすく、スタイリッシュなデザインもお洒落です。吸い心地も良く、満足感が高い電子タバコを探している方にもピッタリですよ。

JUUL
購入はコチラ

通販で買える電子タバコ②altpods

通販で購入できる電子タバコでおすすめの「altpods」は、先程ご紹介したJUUL本体対応の交換カートリッジです。

全8種類のフレーバー(マンゴー・ミント・モカ・タバコ・ベリーズ・グレープフルーツ・メンソール・パイナップル)は日本人の味覚に合わせた味わいになっており、どれも美味しいと評判が高いです。

飽きの来ない定番フレーバーや電子タバコでお馴染みの王道フレーバー、少し変わり種のフレーバーなど種類豊富なことも大きな魅力!

altpodsのカートリッジはどれも再現度が高いので、是非色んなフレーバーをお試しください。

altpods
購入はコチラ

通販で買える電子タバコ③dotAIO

通販で購入できる電子タバコでおすすめの「dotAIO」は、オールインワンタイプと呼ばれる最新型のデバイス。

その名の通り、全てが1つになった電子タバコなので簡単に使い始めることができるんです。付属しているタンク(アトマイザー)に自分好みのリキッドを注入するだけなので、難しい作業は必要ありません!

dotAIOは初心者から上級者まで愛されている電子タバコですので、本格的に電子タバコやVAPEを始めたいと考えている方におすすめです。


購入はコチラ

まとめ|電子タバコは無害だが、未成年は購入できない可能性大

電子タバコは他のタバコ製品と比較しても極めて安全性が高く、身体にも無害な成分で作られています。

また、電子タバコはタバコではないので未成年が使用しても法律的には問題ありませんが、販売店や通販サイトでは基本的に未成年者への販売は行われていません。

たとえ成人であっても、電子タバコを使用する際は社会のルールや喫煙マナーを遵守して楽しむようにしてください。

DATE : 2020/6/11