【31選】2024年おすすめ電子タバコ(VAPE)!初心者向けでコスパがいいのはコレ

更新日 : 2024/1/4

この記事ではこれから電子タバコを始めようとお考えの方に向けて

  • 電子タバコとは、VAPEとは何なのか
  • 電子タバコの魅力やメリット
  • 種類ごとの特徴や初心者におすすめの機種
  • 2024年最新おすすめ電子タバコ31デバイスのご紹介
  • 初心者向けフレーバー選びのコツ
  • 電子タバコ使用に伴う健康リスク

など電子タバコを購入する際に気になるポイントを紹介していきます。

当サイト、Beyond Vape Japanにて販売している製品も多くご紹介していますので、興味のある方はぜひオンラインショップよりお買い求めください♪

電子タバコの購入なら!

Beyond Vape Japan

\ 加熱式タバコ感覚の新たな電子タバコ! /
「KIWI Pen」はフィルターチップで加熱式タバコのような吸い心地
上記リンクから今スグGET!

電子タバコとは?アイコスとは違うもの?

電子タバコ(VAPE)とは、リキッドと呼ばれる香りや味のついた液体を加熱して生じる水蒸気を楽しむアイテムです。

現在、日本国内で製造・販売されている電子タバコ用リキッドに関しては薬機法によりニコチンなしのものとなっています。
また、タバコ葉を使用していないためタールなどのタバコ葉由来の有害物質も含まれていません。

そのため電子"タバコ"と名乗っていますが、厳密にはタバコ製品ではなくアロマ等に近い製品と言えるでしょう。

ニコチンやタールこそ入っていないものの、タバコの味を忠実に再現したリキッドも多く、健康を気にする喫煙者の方を中心にリスクを最小限にして楽しめる第三のタバコとして注目されていました。

加えて近年のシーシャブームを背景に、持ち運びできるシーシャとしての需要も高まり今では喫煙者/非喫煙者を問わず人気のアイテムとなっています。

加熱式タバコとの違いは?健康に及ぼす影響など

電子タバコと混同されがちなアイテムに、アイコスやグローなどの加熱式タバコがあります。

加熱式タバコは、VAPEとは違い、タバコ葉を加熱することで生じさせた水蒸気を楽しむアイテムを指します。
こちらはタバコ葉を使用しているため、ニコチンや(紙巻よりも少量ではありますが)タールを含んだ、れっきとしたタバコ製品です。

加熱式タバコは臭いや煙は少ないですが、タバコ製品である以上健康リスクの高さが否めません。

一方電子タバコはニコチン・タールともにフリーで楽しむことが可能です。
ただし身体に害は無いとされているとはいえ、科学的に合成した液体を加熱しているため、「健康に良い」ものでは無いことには留意しておきましょう。

電子タバコは初心者でも簡単に使える?

電子タバコと聞くと「操作が難しそう」「メンテナンスが面倒くさそう」といった意見をお持ちの方も少なくないでしょう。

しかし電子タバコにはいくつかタイプがあり(詳細は記事内で後述)、特に初心者向けとされている商品はキャップを開けて吸うだけ、使い終わったら捨てるだけの手軽さが魅力となっています。

むしろ、タバコに火をつける手間や、灰皿を用意する手間に比べたら紙巻タバコや加熱式タバコ以上に楽に使用できるアイテムと言えるはずです。

初心者必見!電子タバコを使用することのメリットは?

電子タバコVAPEのメリットとは

電子タバコは近年、喫煙者/非喫煙者を問わず人気の高いアイテムです。

では、そんな電子タバコの魅力や始めることのメリットとはどのようなものなのでしょうか?

ここから、健康やコスパ、味など様々な点から電子タバコの魅力を紹介していきます

禁煙・減煙効果が期待できる

前述の通り、電子タバコはアイコスなどの加熱式タバコとは異なりニコチン・タールといった物質を含みません

電子タバコ用のリキッドは薬機法によりニコチンなしのものとなっており、タバコと名乗りつつもどちらかといえばアロマディフューザーに近いアイテムと言えるでしょう。

これまで紙巻/加熱式タバコを利用していた方が、電子タバコに置き換えたり併用したりすることで、結果として喫煙の習慣はそのままに禁煙や減煙に近い効果を得ることが可能になっています。

紙巻、加熱式タバコに比べて圧倒的にコスパが良い

リキッドを補充するタイプの電子タバコの場合、1か月にかかるコストはおおよそ下記のとおりです。

  • リキッド30㎜(紙巻タバコ30箱相当):3,000円~6,000円程度
  • 消耗品のコイル(リキッドを加熱する機構):600円~700円程度
  • 本体代(初月のみ):3,000円~1万円程度

対して、紙巻タバコの場合は1日1箱吸った場合は下記のとおりです。

  • タバコ30箱:15,000円~18,000円程度

さらに加熱式タバコの場合はここに本体代金が乗ってくることに…。

コスパの差は歴然ですよね。
タバコをたくさん吸われる方こそ、電子タバコに変えることでかなりの経済的恩恵を受けるれるため、コストを抑えたい方は導入を検討されてみてはいかがでしょう。

フレーバーの選択肢が豊富

電子タバコではタバコ葉を使用せずに人工的に生成したリキッドを加熱するため、フレーバーの選択肢が無数に存在します。
その数はなんと1万種類以上と言われており、どんな偏食家の方でもお気に入りの味が見つかるはず!。

またタバコ葉の味に依存する必要が無いため、紙巻タバコや加熱式タバコでは決して再現できなかったようなフレーバーも存在します。
例をいくつか挙げるとすれば、マンゴーやアップルミントといったフルーツ系のフレーバーや、エナジードリンク風味のフレーバー、ココアやコーヒー、モカフレーバー、カスタードクリームなど聞いているだけでワクワクしてしまう味ばかりです。

また人工的にリキッドを生成できるため、エナジードリンクフレーバーに実際にカフェインが配合されていたり、ビタミンやコラーゲンが配合されていたりとサプリメントのような目的で楽しむ事もできます。

こうしたフレーバーの選択肢の多さは、電子タバコが単なるタバコの代用品としてではなく1つのアイテムとして魅力的である所以となっています。

シーシャ好きな非喫煙者の方にも

リキッドの水蒸気を楽しむ電子タバコの場合、紙巻タバコや加熱式タバコではありえない量の煙を発生させることが可能です。

そのため電子タバコは、近年映えアイテムやリラクゼーションアイテムとして人気の高い、シーシャのような感覚で使うこともできます。

リラックス効果があるとされているCBDという成分を配合したリキッドも存在しており、煙を吐き出す感覚だけでなく、実際の効果としてもシーシャのようにチルすることがでるでしょう。

また、家にシーシャを置くとなったらかなり大きな装置を設置する必要がありますが、電子タバコの場合は片手に収まるデバイスなので手軽というのも特徴的です。

タバコからの浮気♪
\ おすすめ電子タバコTOP3 /
< 2024年2月版 >
KIWI Pen
ICEBERG Dispo
JUUL ICEPOD

Beyond Vape Japan

初心者はどんな電子タバコを選ぶべき?|タイプ別の特徴を解説

具体的におすすめのデバイスをご紹介する前に、まずは基礎知識として電子タバコには3タイプのデバイスがあることをご紹介します。

  1. 使い捨てタイプ
  2. PODタイプ
  3. MODタイプ

以下ではそれぞれのタイプの仕組みや特徴を簡単に説明していきます。

使い捨てタイプ

使い捨てタイプの電子タバコは文字通り、使用後にそのまま使い捨てます。
1本500円未満から購入できるハードルの低さが魅力ですが、本体ごと買い直さなければならず、長期間使用する場合のコスパはあまりよくありません

一般的な電子タバコはメンテナンスの必要がありますが、使い捨てタイプの場合はデバイスを買い替えるため、日々のメンテナンスは一切不要です。

その他の特徴としては、リキッドを入れる容器/リキッド/バッテリーが全てセットとなっているため、自分で好きなリキッドを注入したり、パーツを組み替えるといったカスタマイズ性能が低いという欠点を持ちます。
ただし、裏を返せばシンプルな構造で操作が簡単であり、そうした点からお試しの1本におすすめのタイプとも言えるでしょう。

使い捨てタイプ
  • 500円未満から購入出来る
  • 味やカスタマイズなどの選択肢は少ない
  • メンテナンスは全く必要なく操作も簡単

PODタイプ

PODタイプは、リキッドを注入するタンクと加熱機構のコイルがセットになった"POD"と呼ばれる部品と、バッテリーの組み合わせからなるデバイスです。

すでにリキッドが入ったPODもしくは空のPODに好きなリキッドを入れて、バッテリーに装着して使用し、使用後はPODごと交換します。

電子タバコの主なメンテナンスとして、タンクの洗浄とコイルの交換が挙げられますが、PODタイプの場合はPODごと交換してしまうのでそうしたメンテナンスの必要がありません。

PODの種類にもよりますが、本体価格は比較的安く、コスパは悪くないです。
また無数に存在する電子タバコから好きなフレーバを選択できるため、使い捨てタイプより圧倒的に味の選択肢が豊富になっています。

複数のPODを持ち歩くことで気分に併せて味を使い分けることもでき、メンテナンスフリーで本格的に電子タバコを楽しみたい方におすすめです。

以上の理由から最初の1本に最も適しているタイプと言っても過言ではないでしょう。

PODタイプ
  • 最初の1本に最もおすすめなタイプ
  • メンテナンスはPODにリキッドを注入するだけ
  • フレーバーの選択肢が豊富

MODタイプ

いわゆる電子タバコのイメージに近いのがこちらのMODタイプ。
MODと呼ばれる電力を出力する機構にご自身の好きなリキッド容器や吸い口、コイルなどをカスタマイズして使用することができます。

カスタマイズ性能が高い反面、メンテナンスが煩雑な側面もあり初心者の方には中々ハードルが高いです。

また煙の量を調節したり、吸いごたえを調節したりなどなどデバイスに備わっている機能が豊富で操作がやや複雑な点も、初心者の方におすすめできない理由の1つです。

しかし、ある程度慣れてくれば自分だけのデバイスを組む楽しさなど電子タバコ沼ともいえる魅力があり、本格的に電子タバコを始めたい方には必須のデバイスでもあります。

MODタイプ
  • カスタマイズの選択肢はピカイチ
  • 定期的なメンテナンスが必要
  • 操作が複雑で初心者にはあまり向かない

【2024年最新】おすすめ電子タバコ(VAPE)31選!

初心者におすすめの導入機を中心にしつつ、2台目/3台目におすすめの本格的なデバイスまで幅広く"最新のおすすめ電子タバコ(VAPE)"をご紹介していきます。

前述の3タイプ別におすすめデバイスを紹介していきますので、ぜひご自身の目的に合った1台探しにお役立てください!

また弊社Beyond Vape JapanではZOOMによるオンライン接客も実施しております。
「文字だけでは分からない詳しい事が知りたい!」「相談しながら機種を選びたい!」といった方はぜひこちらもご活用下さい。

電子タバコの相談なら!

Beyond Vape Japan

おすすめ電子タバコ:使い捨てタイプ10選

まずは、「使い終わったら買い替えるだけ」という手軽さが魅力の使い捨てタイプから10種類ご紹介します。

値段の安さから購入のハードルが低く、これから電子タバコを始めようとお考えの方はぜひ1本お試しになられてはいかがでしょう!

なお使い捨てタイプについては下記の関連記事で、口コミなどを交えつつ詳しくご紹介していますので併せてご覧ください。

ガツンと清涼感を求めるなら≪ICEBERG Dispo 使い捨て電子タバコ≫

ICEBERG Dispo 使い捨て電子タバコ

≪ICEBERG Dispo 使い捨て電子タバコ≫は、甘みを排除することにこだわりぬいた使い捨てタイプの電子タバコです。

フレーバーはスーパーメンソール / アイスレモン / クールピーチで、中でもスーパーメンソールはミント特有の甘みを完全に排除することでミントの清涼感とのどへのガツンとした刺激を実現しています。

シンプルで小さめのデザインなのでどこでも使いやすく、吸っているあなたをスタイリッシュに演出します。

こちらも使い終わったら捨てるだけなので、面倒な手間は一切必要ありません。

ICEBERG Dispoの詳細はこちらからチェック!

吸引回数 約3,000回
フレーバー スーパーメンソール / アイスレモン / クールピーチ
参考価格 1本:2,750円

女性にもおすすめの強い甘味《吸うフルーツスティック VPULS》

《吸うフルーツスティック VPLUS》は、キュートな見た目とは裏腹に、大容量で長く使える使い捨て電子タバコ(VAPE)です。

充電式で容量が無くなるまで使用でき、最大吸引回数はタバコ32.5箱分に相当する6,500回

8種類のフルーツフレーバーはどれも甘味が強めとなっており、タバコの味が苦手な方にもおすすめです。

デザインもいかにも電子タバコという感じが無いため、女性でも気軽に使用することができるでしょう。

吸引回数 約6,500回
フレーバー バナナアイス
グアバアイス
ピーチマンゴー
パイナップルレモネード
ピンクレモネード
サクラグレープ
ストロベリーアップルスイカ
トロピカルフルーツ
参考価格 最終価格:1,000円(税込)
通常価格:3,980円(税込)

圧倒的な安さが魅力《NEXX》

出典:楽天市場

使い捨て電子タバコ最安との呼び声もあるのが《NEXX》
値段はなんと1本380円

使い捨て電子タバコの相場は500円~1,000円前後と言われており、NEXXの安さは頭一つ抜けています。

フレーバーは12種類と豊富に展開されていますが、全て購入したとしても5,000円を切ります。
そのため、どういった系統の味が好きか探りたい方や、電子タバコの雰囲気が気になる方にはイチ押しの1本です。

一方、安さからか「味に物足りなさを感じる」といったレビューも見られ、電子タバコを本格的に楽しみたい方にはあまり向いていません。

吸引回数 約350~500回
フレーバー レッドブル
バナナ
スイカ
メロン
タバコ
アップル
ミント
グレープ
ブルーベリーストロベリー
フォレストベリー
チェリー
参考価格 380円
販売ページ 楽天市場で購入

禁煙補助にぴったり《VAPE STEEZ ORIGINAL》

出典:楽天市場

《VAPE STEEZ ORIGINAL》有名なタバコ銘柄を再現したフレーバーを豊富に展開している使い捨て電子タバコです。

見た目についてもタバコをイメージしたパッケージと本体になっており、味だけでなく雰囲気からも紙巻きタバコを吸っている感覚にしてくれます。
そうした理由から、喫煙者が禁煙や減煙目的で使用するのにピッタリの一本と言えるでしょう。

また、電子タバコユーザーの声としてよくあるのが「喫煙所であまり目立ちたくない」というもの。
VAPE STEEZ ORIGINALの場合見た目がタバコに近いため、電子タバコっぽさを感じさせずに使用することが可能です。

一方、タバコ系のフレーバー以外には少し物足りなさを感じる部分もあり、非喫煙者の方にはあまり向かない商品でもあります。

吸引回数 約500回
フレーバー シガー
メンソール
バニラ
タバコ(S STAR)
タバコ(M SEVEN)
タバコ(M BLACK MENTHOL)
タバコ(G RAM)
ココナッツ
アイスメンソール
ストロベリー
コーヒー
D DEVIL
参考価格 680円
販売ページ 楽天市場で購入

禁煙補助にぴったり②《Fantastick》

出典:Amazon

上記の2商品とは別の角度から禁煙補助におすすめなのが《Fantastick》
別売りの専用マウスピースをセットすることで、"紙巻タバコと同じ口ざわりで吸える"という特徴を持ちます。

喫煙のために電子タバコに変えた方で、意外と多い意見が咥えた際の感覚の違い。
紙ストローが普及した際に不満の声が多かったことでも分かるように、紙とプラスチックではやはり口ざわりが大きく異なります

過去に禁煙パイポなどを試したけど合わなかった…という方はぜひFantastickを試してみてください。

吸引回数 350~500
フレーバー 氷結メンソール
クリアメンソール
タバコフレーバー
バニラ
チョコレート
イチゴミルク
バナナミルク
参考価格 680円
販売ページ Amazonで購入

CBD配合でchill体験《N Dawg》

出典:NYLON JAPAN

《N Dawg》は最近話題の大麻由来成分CBDを含んだ使い捨て電子タバコです。

大麻由来というと危ないイメージがありますが、国内の医療現場でも用いられている合法成分なのでご安心ください。
CBDには不眠症改善や鬱症状の緩和といった効果があるとされており、近年は電子タバコやクリーム、オイルなど様々な媒体での利用者が増えてきています。

CBDについてはこちらの記事で効果や安全性について詳しく紹介していますので併せてご覧ください。

N DawgはCBDを4~8%と低濃度に配合しているため、電子タバコ初心者だけでなく、CBDに興味があるといCBD初心者にもおすすめの1本です。

またCBDブランドDawgとファッション雑誌NYLON JAPANとのコラボ商品となっており、ファッションアイテムとしても機能するスタイリッシュなデザインも魅力の1つとなっています。
流行に敏感な若い世代におすすめの商品と言えるでしょう。

吸引回数 約500回
フレーバー ノリータカシス
チェルシーレモン
ピーチメンソール
ミントメンソール(SOHO MINT)
CBD濃度 ミントメンソールのみ8%
その他のフレーバーは4%
参考価格 2,400円(ミントメンソール)
1,980円(その他のフレーバー)
販売ページ 公式サイトから購入

手軽に高濃度CBDを楽しむ《+WEED フルスペクトラム》

出典:公式サイト

すでにCBD製品をご利用中の方におすすめなのがこちらの《+WEED フルスペクトラム》
使い捨て電子タバコならではの手軽さもありながら、60%の高濃度CBDを摂取できる点が魅力となっています。

レビューをみてもやはり高濃度の吸いごたえを評価する声が多く、仕事の休憩中でも手軽にCBDでリラックスしたいというCBD上級者には最適です。

また国産商品となっており、Made in Japanの安心感を求める方にもおすすめです。

価格はかなり高額ですが、CBD濃度の高さや国産であることを考えると妥当な金額といえるでしょう。

吸引回数 記載なし
フレーバー ネイチャーフレーバー(無果汁)
CBD濃度 60%
参考価格 9,900円
販売ページ 公式サイトから購入

コンビニでも購入可能《TRY ME PLUS-PT》

出典:公式サイト

コンビニで買える手軽さが魅力なのが《TRY ME PLUS-PT(プラチナム)》
ファミリーマートをはじめとするコンビニ各社や、ドン・キホーテなどの大型販売店で取り扱われています。

多くの電子タバコは通販や専門ショップのみでの取り扱いとなっていますが、TRY ME PLUS-PTの場合身近なコンビニでふらっと購入することが可能です。

使い切ってしまっても、お仕事の休憩時間などちょっとした時間で再購入できますので、電子タバコが切れてしまう心配から解放されます。

また廉価版であるTRY ME PLUSも販売されており、フレーバーは3種類(メンソール/ブラックベリー×クールミント/エナジー)と少ないですが300円前後安く楽しむことできる商品もあります。

吸引回数 約500回
フレーバー メンソール
エナジー
ブラックベリー
スモーキーフレーバー
グリーンアップル
スーパーハードメンソール
シークワーサー
参考価格 858円
販売ページ 楽天市場で購入

ビタミン/コラーゲンも配合《eVita》

出典:Amazon

美容に気をつかう女性におすすめなのがこちらの《eVita》
ビタミンA・B・C・D・Eにプラスして、コエンザイムQ10やコラーゲンなど美容と健康に嬉しい成分が配合されています。

電子タバコと名乗っていますが、イメージとしては吸うサプリメントといった方が近いかもしれません。

黒を基調とした主張しすぎないスマートなデザインに仕上がっており、女性が普段使いしやすい工夫もバッチリです。

また、使い捨て電子タバコには珍しく「しっかり煙が出る」といったレビューもあり、簡易シーシャのような感覚で楽しむのもアリかもしれません。

吸引回数 約500回
フレーバー バニラ
ブルーベリー
グレープフルーツミント
メンソールミント
アップル
ジャスミンティー
など
参考価格 2,680円(5本セット)
販売ページ Amazonで購入

吸うエナジードリンク《EAGLE ENERGY》

出典:公式サイト

エナジードリンク常飲者におすすめしたいのがこちらの吸うエナドリこと《EAGLE ENERGY》

カフェインやビタミンC、朝鮮人参といったパワーのでる成分を含んでおり、10~20回の吸引でエナジードリンク1本分のカフェインを摂取することが可能です。
気化させて摂取することで飲料に比べて成分の吸収が早く、即効性があるのも嬉しいポイントとなっています。

また、エナジードリンクに含まれる糖分を摂取せずに済むため、ダイエット目的に使用する方もいるようです。

どうしても眠たい午後の仕事や、ここぞ!といった場面でおすすめの1本と言えるでしょう。

吸引回数 約400回
フレーバー エナジードリンク
エナジードリンク「ミント」
参考価格 1,500円
販売ページ 楽天市場で購入

おすすめ電子タバコ:PODタイプ10選

続いてPODを交換するタイプからおすすめの電子タバコを10機種ご紹介します。

多くの味を楽しみつつ、メンテナンスフリーで使用できるPODタイプは使い捨てタイプとMODタイプの中間に位置しており、MODタイプよりもコスパが良く初心者~中級者の方はもちろん、上級者の二台目にもおすすめです。

日本初上陸!【フィルターチップで加熱式タバコ感覚を再現】KIWI Pen

KIWI Pen

「KIWI PEN」は2023年7月中旬から日本に初上陸しましたが、すでに55ヵ国で販売されている人気商品です。

特徴としては「KIWI PEN」は吸い口が紙巻タバコを再現したようなフィルターチップで、吸いごたえが十分な電子タバコとなっています。

またスマートで持ちやすいのも特徴で、POD交換式となっており簡単にフレーバーを変えて楽しむことができます。

値段も税込4,950円と手に取りやすい値段で、節煙にもなる優れものとなっています。

POD容量 1.8ml
フレーバー
*今だけ特典!
スーパーメンソール
アイスレモン
クールピーチ
参考価格 4,950円(税込)

キャップ付きで衛生的《ZELTU X2 AIO Pod System》

ポッド式デバイスの定番の1つが《ZELTU X2 AIO Pod System》
バッテリー持ちや抵抗、サイズ感など非常にバランスの取れたデバイスとなっています。

中でも最大の特徴と言われているのが"キャップ"です。
実は電子タバコ(VAPE)、意外とキャップの無い製品が多いんです。

ZELTU X2 AIO Pod Systemはキャップ付きでポケットやカバンにそのまま入れていても衛生的に使用することができます
また、キャップはマグネットになっており、吸っている間はデバイスの下にはめておくことで無くす心配もありません。

POD容量 1.6ml
バッテリー 900ⅿAh
カラー Black、Blue、Rose Gold、Silver
参考価格 7,150円

さらに安く手に入れるなら《ZELTU X AIO Pod System》

ZELTU X AIO Pod System

先ほどご紹介した《ZELTU X2 AIO Pod System》の1世代前のモデルがこちらの《ZELTU X AIO Pod System》
スペック的にはそれほど大きな違いはありませんが、X2よりもややお安くお買い求めいただける一台となっています。

相違点としては、充電口がMicro USB Type-Bである点ややサイズが大きい点が挙げられます。
その点が特に気にならない方であれば、充分満足できる1台と言えるでしょう。

また、ややサイズが大きい分、バッテリー容量とPODの容量が大きくなっているため、長時間充電やPOD交換なしで使用したいという方は、こちらの《ZELTU X AIO Pod System》がよりおすすめです。

POD容量 2.0ml
バッテリー 1000ⅿAh
カラー Black、Purple、Rose Gold、Silver
参考価格 6,980円

レザーデザインがオシャレ《【DotMod】dotPod Nano》

他で見ることのない合皮デザインが異彩を放つ《【DotMod】dotPod Nano》
この記事内でもいくつかご紹介している大人気シリーズDotModの商品です。

なんと言っても最大の特徴は合皮を採用したボディ。
合皮とデバイスの機械らしさのコントラストが、大人の遊び心をくすぐります。

また見た目だけでなく機能性も高く、POD部分にはメッシュコイルと呼ばれる最新の機構を採用。
一般的なPODタイプよりも一層爆煙を楽しむことができます。

人と違うデバイスを持ちたい方や、シーシャがお好きな方にはピッタリな1台です!

POD容量 2.0ml
バッテリー 800ⅿAh
カラー Black、Brown、Grey
Orange、Red、Royal Blue
参考価格 4,970円

レザーデザインはそのままスリムタイプ《【DotMod】dotPod S》

他で見ることのない合皮デザインが異彩を放つ《【DotMod】dotPod S》
この記事内でもいくつかご紹介している大人気シリーズDotModの最新商品です。

なんと言っても最大の特徴は合皮を採用したボディ。
合皮とデバイスの機械らしさのコントラストが、大人の遊び心をくすぐります。

また見た目だけでなく機能性も高く、POD部分にはメッシュコイルと呼ばれる最新の機構を採用。
一般的なPODタイプよりも一層爆煙を楽しむことができます。

先程紹介したdotPod Nanoよりスリムなデザインで一般的なスティックデザインです!

POD容量 2.0ml
バッテリー 800ⅿAh
カラー Black、Brown、Grey
Orange、Red、Royal Blue
参考価格 4,970円

スリムなのに濃い味《【JDI】E8 Pod System》

【JDI】E8 Pod System

超小型のペンボディながら、しっかり濃い味を出してくれるのがこちらの《【JDI】E8 Pod System》です。

ポケットやカバンにさっと入れられるスマートなサイズ感と、吸うだけで電源が入るオートスイッチの採用が特徴となっており、扱いやすさバツグンのデバイスと言えます。

また価格も3,300円と比較的安いため、最初の一台にうってつけのデバイスです。

小型デバイスですが、バッテリー容量は350mAhと申し分ないため、サブ機としてもメイン機としてもご利用頂けます。

POD容量 1.2ml
バッテリー 350ⅿAh
カラー Black、Blue、Gunmetal、Red、White 
参考価格 3,300円

高評価獲得スリムデザイン《【AIRSCREAM】 AirsPops Type-C》

《AIRSCREAM AirsPops Type-C》はスタイリッシュでスリムな電子タバコ(VAPE)です。

世界各地で行われているVAPEの展示会では賞も獲得しており、機能性抜群にも評判があります。

写真ではサイズ感が伝わりづらいですが、85mm × 19mm × 7.5mmとかなりスリムになっており、手に馴染みます。
またマットな質感になっているため、握り心地もとても良くなっています。

現在Beyond Vape Japan.では販売以来、大ヒットロングセーラーを記録しています。
持ち運びにも便利ですのでぜひチェックしてみてください。

POD容量 1.6ml
バッテリー 320ⅿAh
カラー Black
参考価格 3,590円

安心のバッテリー容量《【AIRSCREAM】AirsPops Pro》

今までのPODタイプに物足りなくなった方へおすすめ電子タバコなのがこちらの《【AIRSCREAM】AirsPops Pro》
スティックタイプながら、700mAhと大容量のバッテリーが搭載されています。

電子タバコに慣れてくると、リキッドを加熱するための"コイル"と呼ばれる部品にもこだわりが生まれます。
1.0ohmのメッシュコイルが採用さており、細かいミストが楽しめ濃厚な喫煙体験を楽しむことが可能です。

しかしこの"コイル"はコイル部分のみ交換して使用していくタイプになるので、カートリッジ部分を一緒に捨てないように気をつけましょう。

AirsPops Proでは一日充電をしなくても使用できる安心感を求める方におすすめの一台となっております。
これから電子タバコを始めようとお考えの方にはもちろんのこと、少し慣れてきた中級者の方にも嬉しいデバイスと言えるでしょう。

POD容量 2.0ml
バッテリー 700ⅿAh
カラー NARDO GREY、WHITE
参考価格 4,000円

AirsPops Progがお手頃価格に《【AIRSCREAM】AirsPops Pro Lite》

先程ご紹介した【AIRSCREAM】AirsPops Proより1,000円安くなって登場した電子タバコ(VAPE)がこちらの【AIRSCREAM】AirsPops Pro Lite
昨日はProと同じですが、変更点としてボタンを使用してのON/OFFがなくなりより手軽に楽しむことができます。

またカートリッジとコイルもブラッシュアップされています。
Proではリキッドを入れる際にカートリッジ部分のゴムパッキンが破損しやすい、といったユーザーの声が多く見受けられました。

ユーザーからの声を大切にするメーカーであるAIRSCREAMは日々改善策を錬っています。
毎日の様に使う製品をより良くしていくメーカーの姿勢はこれからも目が離せません。AirsPops Pro Liteはパステルカラー / 軽量モデルに仕上がっています。

POD容量 2.0ml
バッテリー 700ⅿAh
カラー Aqua Blue、Minty Green、Rosy Pink
参考価格 3,000円

低コスト高パフォーマンス《【JUSTFOG】 MYFIT (マイフィット) Kit》

気軽にリキッドの詰め替えができ、好きなフレーバーを気軽に楽しめると話題のPOD型電子タバコの中でも今特におすすめなのが《MYFIT》

手のひらサイズのコンパクトさと、派手過ぎない本体は男性にも女性にもおすすめ!
電子タバコはちょっと目立って嫌…という方でも選んでいただける事でしょう♪

ボタン操作等も必要無いので、紙巻きタバコや加熱式タバコよりも使い勝手がいいですし、
ちょっとだけ吸いたい時・ゆったり長時間吸いたい時などどんなシーンでも使えます。

サイズについても一般的なペン型デバイスよりもコンパクトで、ライター1個分程度と非常に優秀です♪

気軽に電子タバコやVAPEを使ってみたいという方の最初の一歩や、電子タバコユーザーのサブ機での使用にもおすすめします!

POD容量 2.0ml
バッテリー 800ⅿAh
カラー Charcoal、Purple、Titan
参考価格 2,480円

おすすめ電子タバコ:MODタイプ10選

最後にMODタイプの電子タバコをご紹介します。

MODタイプは定期的な掃除やコイルの交換などメンテナンスが必要になりますが、最もコスパよく電子タバコを楽しむことができるタイプでもあります。
また他のタイプに比べて機能が豊富であったり、カスタマイズの幅が広いといったメリットもあり、本格的に楽しむのには打ってつけのタイプと言えるでしょう。

MODについては安全装置のついているテクニカルMODと呼ばれるものと、バッテリーとスイッチだけの簡単な構造であるメカニカルMODと呼ばれる2種類が存在します。

メカニカルMODは扱いが難しくショートする危険性もあるため、中~上級者向けのデバイスです。
今回の記事ではあくまでも"初心者の方に向けて"扱いやすいテクニカルMODをご紹介します。

【補足】MODタイプの電子タバコを始めるには何が必要?

この記事の前半の解説でも触れましたが、テクニカルMODやメカニカルMODなどの「MOD」はあくまでも電子タバコを加熱するための加熱システム・電力調整パーツのようなモノを指す言葉です。

そのため、ここからご紹介するMOD本体だけでは電子タバコを楽しむことができません。

MODタイプの電子タバコを始める際は、MOD本体に加えて以下のアイテムも一緒に揃えるようにしましょう。

【MODタイプを始める際に必要なモノ】

  • MOD本体
  • バッテリー
  • アドマイザー(吸い口&加熱用コイル)
  • タンク(リキッドを注入する容器)

これらのデバイスを組み合わせて、煙の量や味など自分好みの一台を組み上げていくのがMODタイプの電子タバコの醍醐味です。

なお、バッテリーはMOD本体に内蔵されて販売されるケースも多いほか、アドマイザーにはタンクが一体となったアイテムなども存在しています。

また、MODタイプの電子タバコについては下記記事でより詳しく紹介していますので、気になった方はぜひチェックしてみてください!

コンパクトで使いやすい《【BP Mods】Warhammer Single 18650 60W Box Mod》

《【BP Mods】Warhammer Single 18650 60W Box Mod》サイズ感と機能性のバランスが良いデバイスです。

MODタイプの電子タバコの中でも比較的コンパクトに仕上げられたボディは、グリップ部分に《ハンマー加工》がなされており、持ち心地もデザイン性もバッチリ。

5V/2Aの急速充電に対応しているほか、”VW、VV、Bypass、TC”と4つのモードを搭載しており、機能の面でも非常に評価が高い1台です。

サイズ 79.6×40×24(mm)
バッテリー 18650
カラー Black、Blue、Brown、Green、Orange、Pink、Purple、White
モード VW、VV、Bypass、TC
出力W数 5W~100W
参考価格 6,980円

低コストでMODタイプデビュー《S100 (Aegis Solo 2) Mod》

なるべくコストを抑えつつMODタイプの電子タバコを試してみたい方におすすめなのが《S100 (Aegis Solo 2) Mod》
10,000円を切る価格から購入することが可能です。

低価格ながら防塵・防水・耐衝撃機能が備わっているため、使い慣れていないうちの思わぬ事故も防げる可能性が高くなっています。

また全10色とカラーバリエーションも多く、無難なものからレインボーまで様々なデザインが揃っている点も嬉しいポイントです。

抵抗レンジ 0.05Ω~3.0Ω
バッテリー 18650型
(連続放電25A以上のハイレート推奨)
カラー Classic Black、Grey、Navy Blue
Rainbow、Red、Silver
その他4色
使用スレッド 510
出力W数 5W~100W
参考価格 5,980円

超軽量お手頃価格《Vaporesso GEN 80S Mod》

大手メーカー"Vaporesso"が自身を持って作り出した製品がこちらの《GEN 80S Mod》
Modタイプで重量約50gと群を抜いて軽量タイプになっているので気軽に使用することができます。

人体工学に基づいたフィットするボディは常に使用する際にストレスを軽減してくれるそうです。
手に持ったときの軽量感や、シンプルで洗練されたデザインは老舗ブランドのこだわりを感じます。

また、ディスプレイ部分を大きくする工夫が施されており、細かい設定等も行いやすくなっています。

本体サイズ 24.5 x 87 x 34mm
バッテリー 18650
(連続放電25A以上のハイレート推奨)
カラー Aurora Green、Dark Black、Light Silver
Matte Grey 、Midnight Blue、Sunset Glow
出力W数 5W~80W
ディスプレイ 0.96インチTFTスクリーン
参考価格 4,980円

トップクラスの使いやすさ《dotAIO V2》

中~上級者向けとされることの多いMODタイプですが、《dotAIO V2》は初心者の方でもかなり扱いやすいデバイスとなっています。

ボックスの内部に存在している専用アドマイザーにリキッドを注入するだけでよいオールインワンタイプで、本格的でありながらも簡単に使うことができます。

またデザイン性の高さも魅力の1つで、オールインワンならではのスッキリとしたフォルムと豊富なカラーバリエーションにより人気が高いです。

出力設定は4段階もしくは無段階から選択することが可能で、いわゆる爆煙と呼ばれるような大量の煙を吐き出すことも可能です。
タバコの代用はもちろん、シーシャ感覚で楽しむのにもおすすめの1台になります。

対応コイル 専用Coil、Aspire Coil、RBAベース
バッテリー 18550 × 1(Type - CUSB充電可能)
カラー Black、Silver、Red、Royal Blue
その他限定カラー
パワー 詳細は商品ページをご覧ください
参考価格 15,800円

クリアボディが可愛い《【DotMod】dotAIO V2 Lite》

前述の《dotAIO V2》の廉価版とも言えるデバイスがこちらの《【DotMod】dotAIO V2 Lite》です。

廉価版とは言っても、基本的なスペックは《dotAIO V2》と同じ!
ボディがアルミからクリアなプラスチックに代わっており、その結果4,000円以上もお得にお買い求め頂けるようになりました。

また、ポップな可愛いらしさのあるクリアデザインの本体は、アルミ製の《dotAIO V2》とは異なるオシャレさがあり、普段のファッションの系統に合わせて選ぶのもおすすめです。

対応コイル 専用Coil
バッテリー 18550 × 1(Type - CUSB充電可能)
カラー Clear、Green、Orange、Purple、Red、Smoke
パワー 詳細は商品ページをご確認ください
参考価格 11,200円

コンパクトなペン型《dotStick》

箱型のイメージが強いMODタイプの電子タバコ(VAPE)ですが、スリムなペン型のデバイスも存在します。
ペン型MODである《dotStick》22㎜×112.5㎜というコンパクトサイズで持ち運び用にピッタリです。

アドマイザー部分は専用のタンクが付属していますが、一般的な510と呼ばれる規格が採用されているため他のアドマイザーを装着することも可能になっています。
そういった点から初心者向けのPODタイプと、上級者向けのMODタイプの中間にあるようなデバイスでもあり、これから電子タバコデビューをお考えの方でもハードルの低い1本と言えるでしょう。

対応コイル 専用Coil
バッテリー 18350 or 18650 1本
カラー Black、Gold、Red、Royal Blue
パワー 3段階調整
参考価格 7,400円

フル充電までたった5分!《【DotMod】dotStick Revo》

同じくペン型のスマートなボディが特徴のデバイスがこちらの《【DotMod】dotStick Revo》です。

本体に700mAhのバッテリーを内蔵したタイプの電子タバコとなっており、より手軽にお楽しみ頂けます。

ただ、700mAhの内臓バッテリーと聞くと心配なのが充電切れですよね…。

ご安心ください。
こちらの《【DotMod】dotStick Revo》は専用の急速充電器(別売り)を使用することで、なんと約5分でフル充電することができます!

電池寿命も通常のリチウムイオン電池の50倍となっており、機能・耐久性ともに満足頂ける1本となっています。

バッテリー 約700mAh(内蔵)
カラー Clear、Green、Orange、Purple、Red、Smoke
パワー 3段階調整(最大35W)
参考価格 4,900円

最新製品!《【DotMod】dotStick Revo V1.5》

上記のdotStick Revo がスタイリッシュなデザインに変更されたデバイスがこちらの《【DotMod】dotStick Revo V1.5》です。

本体に700mAhのバッテリーを内蔵したタイプの電子タバコとなっており、より手軽にお楽しみ頂けます。

ただ、700mAhの内臓バッテリーと聞くと心配なのが充電切れですよね…。

ご安心ください。
こちらの《【DotMod】dotStick Revo V1.5》は専用の急速充電器(別売り)を使用することで、なんと約5分でフル充電することができます!

電池寿命も通常のリチウムイオン電池の50倍となっており、機能・耐久性ともに満足頂ける1本となっています。

バッテリー 約700mAh(内蔵)
カラー Black、Gunmetal、Red、Royal Blue
パワー 3段階調整(最大35W)
参考価格 5,700円

アルミボディが最高にクール《【Lost Vape】Centaurus M200 Box Mod》

《【Lost Vape】Centaurus M200 Box Mod》アルミニウム合金製の高級感のある見た目が特徴の1台です。

ずっしりと重みのあるボディはパネル部分を自由に組み替えることができるため、自分だけの色&デザインを楽しむことができます。

また、見た目だけでなく機能性も抜群で、ダイヤル式の簡単パワー調整、デュアルバッテリーで充電切れの心配ゼロ、鞄の中での誤起動防止用スイッチなど、痒い所に手が届く機能がギュッと詰まったデバイスに仕上がっています。

バッテリー 18650×2
カラー Baby Pink、Galaxy Black、Golden Knight、Green Galaxy、Gunmetal Gray、Interstellar、Midnight Blue、Pink Planet、Sorcerer Magi
出力W数 5W~200W
参考価格 8,480円

ポップな色合いがオシャレ《【VEEPON】KUKA AIO Pro》

《【VEEPON】KUKA AIO Pro》人気の高いBoroタンクと呼ばれるアイテムと互換性のあるデバイスです。

これまでご紹介してきたデバイスの中ではやや中級者向けのアイテムですが、操作性・価格ともに初心者の方でも十分お楽しみ頂けます。

また、とにかく見た目がポップで可愛らしいため、ファッションアイテムのように楽しむこともできる1台となっています。

バッテリー 18650
カラー Midnight Purple、Neon Green
出力W数 1W~60W
参考価格 11,000円

電子タバコの健康への影響はある?

電子タバコを始めるにあたって気になる初心者の方も多いのが、VAPEを吸うことによる健康への影響です。

そこでここからは、電子タバコに使用されるリキッドの内容物などを細かくご紹介します。

VAPEによる健康リスクは限りなく低い

国内で販売されているリキッドというのはニコチン・タールが全く含まれていないため、紙タバコが抱えるような呼吸器への様々なリスクはありません。

またリキッドに含まれている香料以外の成分であるプロピレングリコールや植物性グリセリンなどは様々な食品に使用されている添加物としても有名な物質のため、VAPEを使用することによるリスクはかなり低いのです。

ただ、購入するリキッドの出所は必ずチェックするようにしましょう。
製造元が記載されていなかったり、安価すぎるような粗悪な製品には有害物質が混入していた事例も存在しているため、初心者の方がVAPEを選ぶ際には信頼できる販売店からの購入がマストとなっています。

VAPEは周りにも優しい

電子タバコを使用することで発生するのは匂い付きの水蒸気のため、周囲の人への健康的なリスクがないのはもちろん不快感を与えることも少ないでしょう。

また紙タバコでは厳禁の部屋での使用も可能になっているため、一度VAPEを購入すればいつでもどこでも気軽に楽しめるというのはかなり大きな魅力なのではないでしょうか!
※禁煙と明記されている場所では吸わないなどマナーは守ったうえで使用しましょう。

電子タバコ(VAPE)をこれから始めるならどんなフレーバーがおすすめ?

ここまで2024年最新のおすすめ電子タバコを30アイテムご紹介してきました。
冒頭でもご紹介した通り、電子タバコならではの魅力の1つがフレーバーの豊富さ

PODタイプやMODタイプの電子タバコの場合、1万種類以上とも言われるフレーバーから好みの味を楽しむことができます。

ただ、それほど選択肢が多いと何から始めればよいか迷ってしまいますよね…。
そこで、この項では初心者の方がフレーバーを選ぶ際のポイントをいくつかご紹介しておきます。

喫煙者の方はタバコフレーバーやメンソールがおすすめ

現在すでに紙タバコや加熱式タバコを吸われている方は、タバコ系のフレーバーやメンソール系のフレーバーから始めると、違和感なく電子タバコを始められるでしょう。

一口にタバコ系のフレーバーと言っても、様々な銘柄の再現フレーバーが販売されていますので、ぜひ自分好みのフレーバーを探してみて下さい。

また個人輸入サイトを利用すれば、合法的にニコチン入りのリキッドを購入することもできるため、「タバコの代替品として使いたい!」という方はそちらも合わせてご検討ください。

国内産や日本人向けのフレーバーを選んでみる

初めて電子タバコ用のリキッドを購入する場合、海外製品よりも日本製や日本人向けの調香がなされたモノのご購入をおすすめします。

海外製のリキッドは匂いや味がやや強かったり、クセのあるモノも多いため、まずは日本人に合わせた調整の施されたリキッドを選ぶ方が無難です。

弊社Beyond Vape Japanでは国産ブランドのリキッドや日本人スタッフ監修のリキッドも幅広く取り揃えておりますので、気になった方はぜひチェックしてみて下さい!

フルーツ系は柑橘やミント配合など爽やかなフレーバーがおすすめ

リキッドを水蒸気にして楽しむ電子タバコでは、想像よりも味を強く感じるという方が多いです。

そのためチョコレートなど甘さの強いフレーバーを最初に吸うと、やや甘ったるく感じてしまうケースもしばしば…。

最初に試すフレーバーは、柑橘類などの爽やかなモノや、アップルミントなどミント・メンソールと合わせたフレーバーがおすすめです。

気になることはスタッフに相談

ここまでご紹介した点を気をつけつつ、他に気になる点があればお店のスタッフに相談するのも大切です。

味の好みを伝えておすすめを紹介してもらうなど、積極的にプロであるスタッフを活用していきましょう。

また、「近くにショップが無い…」「対面は緊張する…」といった方はぜひ弊社のZOOMオンライン接客をご利用ください。

店舗経験のあるスタッフが丁寧にご質問にお答えします!

⇒Beyond Vape Japanのオンライン接客はコチラ

最初の1本には電子タバコの定番《JUUL》もおすすめ!

ここまで初心者の方を中心におすすめの電子タバコをご紹介してきましたが、ここでは筆者が電子タバコデビューに最もおすすめするデバイスをご紹介します。

その名も《JUUL》
電子タバコの本場アメリカでシェア7割を越え、日本国内では既に出荷台数50,000台突破を誇る定番中の定番の1本です。

\ 世界で"億"越えの出荷数! /
楽天ランキング1位!「JUUL」!
上記リンクから今スグGET!

JUULってどんな電子タバコ?

JUULはアメリカ・サンフランシスコ発の最新型の電子タバコです。
電子タバコ大国のアメリカで爆発的ヒットを巻き起こし、日本国内でも既に出荷台数50,000台を突破した電子タバコなので、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

JUULはコンパクトでスタイリッシュな見た目に反し、強い吸い応えとキック感を味わえると評判が高く(アメリカでは)、実際に紙巻きタバコユーザーを唸らせる程の吸い心地を実現し、アメリカの電子バタコシェア7割を超えるという史上最強の電子タバコとして注目を集めました。

タイプとしてはメンテナンスフリーで扱いやすいPODタイプの電子タバコとなっています。
またシェア7割を越えるヒット商品だけあり、既にリキッドの入ったJUUL専用PODが多数販売されているのも嬉しいポイント。

PODタイプに唯一存在していたPODにリキッドを注入するという手間すら廃することができるんです!

JUUL初心者にはスターターキットがおすすめ

初心者の方にはまずスターターキットのご利用がおすすめです。
スターターキットにはJUUL本体の他に専用のリキッド入りPODが付属しており、スターターキット1つで電子タバコデビューに必要なものが全て揃います。

またBeyond Vape Japan限定のスターターキットなら、本体カラーBlackとフレーバー8種類から好きな組み合わせを選べるため特におすすめです!

JUUL本体対応カートリッジ「altpods」のおすすめフレーバー

リキッド入りのJUUL専用PODの中でも特に評価の高いPODが「altpods」という製品です。

altpodsのフレーバーは日本人調香師によって、日本人の味覚にあったフレーバーが魅力的で完成度が高く、吸い心地も味わいも百点満点!
飽きずに長く楽しめるように開発されたフレーバーばかりですので、ノンニコチンで吸えるJUUL対応PODに興味のある方は是非チェックしてみてください。

ここではそんな「altpods」のフレーバーの中でも当店スタッフのイチ押しフレーバーをいくつかご紹介していきたいとおもいます。

altpodsのマンゴーフレーバー

全8種類あるaltpodsのフレーバーカートリッジの中でも「マンゴー」はダントツで人気があります。

JUULと言えばマンゴー!というイメージも強く、初心者の方でも吸いやすいのでおすすめです。

南国を感じさせるマンゴーのみずみずしさと、豊潤な甘さがクセになります。吸い応えも強く満足感も高いので、気になる方は是非1度お試しください!

altpodsのミントフレーバー

altpodsの「ミント」は、程よいミントの甘みとメンソールの爽やかさが絶妙な味わいが特徴てきです。
普段からメンソールフレーバーを好んでいる方にはピッタリ!

優しいメンソールなのでキツくなく、口当たりもまろやかです。
飽きの来ない味なので、最後まで楽しめるのもミントフレーバーが人気の理由の1つになっています!

altpodsのベリーフレーバー

altpodsから追加で登場したフレーバー「ベリーズ」は、女性人気の高いフレーバー!

ストロベリー・ブルーベリー・ラズベリーがミックスされたみずみずしく甘酸っぱい味がとても美味しいです。
甘さもありますが、爽やかな味わいになっているので男性にもおすすめできるフレーバーになっています。

空カートリッジに好きなリキッドを注入することも可能!

JUULはリキッドが既に入った専用PODが販売されていると言いましたが、もちろん一般的な空のPODも存在します

空のPODを使うとこで、普通のPODタイプ電子タバコと同様に好きなリキッドを注入して使用することが可能です。

メンテナンスフリーで手軽に楽しめるリキッド入りPODを使うもよし、自分でリキッドを入れて豊富な選択肢を楽しむもよし、様々なスタイルで使える点もJUULの魅力になっています。

2024年最新版!初心者向けでコスパ抜群のおすすめ電子タバコまとめ

今回は電子タバコのコスパについてご紹介しながら2024年最新版の初心者向け電子タバコをご紹介しました。
JUULをはじめ、今回ご紹介した製品はどれも初心者向けの電子タバコなので、誰でも簡単に使うことができておすすめです!

健康被害はもちろん、タバコ代を節約したいと考える方は乗り換えるチャンスかもしれません!
ご興味のある方はぜひ、Beyond Vape Japanをご覧ください♪

Beyond Vape Japan トップページはこちら

更新日 : 2024/1/4

関連コラム

関連商品