シーシャとは?吸い方や対象年齢、ニコチンやタールの含有率をご紹介

シーシャという言葉を聞いた事があっても、いまいちシーシャがどういうものなのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

シーシャは普通の紙タバコとは違って吸い方や仕組みなどに特徴を持っています。

この記事では人気を高めているシーシャの吸い方や対象年齢、ニコチンやタールの含有率を詳しくご紹介して行きます。

シーシャとは?



シーシャ(水タバコ)の起源は中近東で、エジプトやトルコなどで多くの人が使用しており、ゆったりと落ち着いた雰囲気の中楽しめる新感覚のタバコとして日本国内でも幅広い年齢層から注目を浴びている喫煙具です。

シーシャバーやシーシャカフェ等、気軽にシーシャを楽しめる専門店も増えており、店内の雰囲気も中東に合わせたおしゃれなお店も増え、店内の様子や喫煙中の姿が映えると若年層からの人気が特に高まっています。

シーシャはタバコの一種


シーシャは別名「水タバコ」と呼ばれる喫煙具の一種です。

タバコ葉に果実や香料を混ぜ入れるため、紙巻きタバコ等と比べると甘い香りやフルーティーな香りでタバコ感が無いですが、タバコ葉を使用しているためニコチンやタールが含まれています。

フレーバーは数百種類存在し、1回で1時間から3時間と長時間楽しめるのも1つの特徴となっています。

シーシャの仕組み


シーシャは複数のパーツに分けられていますが主に、「水を入れるボトル」・「煙を吸うためのホース」・「タバコ葉を入れ、炭をおくクレイトップ」に分けられます。

シーシャの仕組みは以下の通りです。

    ①シーシャ本体の一番上に位置するクレイトップにタバコ葉とフレーバーを入れ、アルミなどで蓋をしその上に加熱した炭を乗せて温めます。

    ②温められて発生した煙が中央のパイプを通ってボトル中の水へと送られていき、気泡となってボトル上部に溜まります。

    ③溜まった煙をホースで吸い込むことでタバコ葉に含まれるニコチン成分とフレーバーを楽しむ



炭の温度や吸い方、フレーバーの調合によって味や吸いごたえが変わりますが全てのバランスが良くなると他の喫煙器具よりも煙量が多く、吸いごたえ・満足感の高い喫煙を楽しむことができます。

シーシャの吸い方



シーシャの吸い方は通常の紙巻タバコと比べて大きく異なります。

紙巻きタバコは肺に煙を入れるように喫煙しますが、シーシャはフレーバーを口に含んで楽しむため肺に入れるように吸い込んではいけません。

イメージとしてはスムージーをストローで吸い込むような感覚がわかりやすいでしょうか、
煙を深く吸い込んだらすぐに口を大きく開いて吐き出します。
あとから空気を吸い込んだり、息を止めるなどして薄まらないように、リズム良く吸うようにしましょう。

初めての方や、普段紙タバコを吸っている方は咽たりせき込んでしまうことが多いですが、焦らずにゆっくりと呼吸するような吸い方を心がけることでリラックスしながらシーシャを楽しむことができます。

シーシャの値段



少し変わった仕組みと吸い方をするシーシャですが、値段はどうなのでしょうか?

シーシャは基本的にカフェやバーなどの専門店で楽しめますが、シーシャ一台 約1,500〜2,000円が全国的な相場となっているようです。

その値段にチャージ料金や1ドリンクオーダー制の店舗も存在するので合計で2,500〜4,000円程度で1時間~3時間程楽しむことができます。


お店で吸わずに自宅用のシーシャのセットを購入することも出来ますが、喫煙具一式簡易的な商品で1,000円程度で購入できる物から、シーシャバーで使用されているような一台8,000円程度の商品までピンキリです。

しかし、一式を揃えフレーバーや炭を用意し、後始末まで行うのはかなりの手間ですので自宅用に用意するのはおすすめできません。

シーシャの値段は紙タバコなどと比べると割高になっており、頻繁に吸うには向いていないようですね。

シーシャの年齢制限



ここまでシーシャとは何か、シーシャの仕組みや楽しみ方についてご紹介してきましたが、タバコの一種であるシーシャには年齢制限があるのでしょうか?
ここからはシーシャの年齢制限について見ていきます。

日本国内ではシーシャは20歳から


シーシャに使用されている水パイプ本体は日本国内では喫煙器具扱いとなっています。

日本の法律上、未成年者の喫煙具所持・使用自体違法とされていますので、20歳以上でないとシーシャの使用はできません。

また、シーシャを提供しているお店は『喫煙目的店』とされており、健康増進法により20歳未満の立ち入りを禁止しています。

そのため20歳未満の方はシーシャを使用することはもちろん、シーシャ専門店への立ち入り自体法律で禁止されています。

ニコチンフリーなら未成年でも喫煙可能?



シーシャにはデクラウドというノンニコチンフレーバーがあり、フルーツや自然原料で製造されるためニコチンが入っていない製品もあります。

しかし、先ほどにも述べたように、シーシャのパイプ自体がタバコ製品とされているため、ニコチンフリーであっても未成年の使用は法律で禁止されています。

ニコチンフリーのフレーバーでも20歳を超えてから楽しむようにしましょう。

シーシャは違法なのか


海外ドラマや映画で吸っている姿を見てシーシャを「違法」と感じる方も多々見られると思います。

店内は異国の雰囲気で煙で充満していますし、お客さんも皆さんリラックスしきった雰囲気が何とも怪しさを感じますよね。

ですが、シーシャ(水タバコ)自体全く違法性はありません。

シーシャは法律上、パイプ葉タバコに準拠しており、小売販売許可を得た上での営業は何も問題無く安心してシーシャを楽しむことができます。
店内の雰囲気も併せてシーシャを楽しんでみてください。

シーシャのニコチン量や健康リスクは?



シーシャはタバコ葉を加熱して使用するためニコチンが含まれていますが、実際どのくらいのニコチンが含まれているのでしょうか?

また、ニコチン以外にもシーシャを吸うことでのリスクについても気になりますよね。
シーシャはタバコの一種であり、リスクがゼロなはずはありません。

安心して楽しむためにも、喫煙する前に必ずシーシャによる健康被害について理解しておくようにしましょう。

シーシャに含まれるニコチン量


フレーバーの種類によってニコチンの量は変化しますが、紙巻タバコなどと比べるとニコチンやタールの量は少ないとされています。

水タバコであるシーシャはその仕組み上、水がフィルターとなり吸収するニコチン量は紙タバコと比較して軽減されています。

とはいえ、ニコチンが含まれていることには代わりないですし、タバコと比較して吸いやすい喫煙具ですので吸い過ぎるとニコチン中毒の恐れもあります。
喫煙時には定期的に休憩を挟むようにして楽しみましょう。

シーシャが体に及ぼす影響


シーシャを吸うことで体に及ぼす可能性がある害は肺がん・咽頭がん・血管の収縮による血圧の上昇・血液粘度の上昇・動脈硬化の進行などの様々な影響が見られます。

シーシャの煙は肺に入れた時と入れない時で有害性が変わると言われていますが、シーシャの煙は非常に軽く、気を付けていても自然と肺に入ってきてしまうのでシーシャを吸う時は一定のリスクや体への害があることを理解しておくと良いでしょう。

一酸化炭素の量は紙タバコよりも多い


シーシャに含まれるニコチン自体の量は紙タバコと比較して少ないですが、シーシャは長時間の吸引を行うので、紙タバコの何倍も一酸化炭素を吸うと言われています。

また、シーシャバーやシーシャカフェは換気こそしてあるものの、店内がシーシャの煙で蔓延しています。

一酸化炭素中毒や酸欠にならないよう、喫煙量は適度に抑え休憩をはさみながら体調を気にしつつ吸うようにしましょう。

シーシャのような満足感を自宅で楽したい方へ



シーシャは様々なフレーバーが楽しめたり、紙タバコとは違った満足感があると思いますが、カフェやバーに行かないと楽しめないなどの欠点があります。

頻繁に行くには少々お値段も高い…。

それでも、家でシーシャのような感覚を楽しみたい…!と思っている方、
シーシャのようにフレーバーのついた煙を楽しみたいけど、ニコチンタールは無いものを使いたいという方には、電子タバコがおすすめです。

電子タバコの仕組み


電子タバコは、シーシャ同様煙の味や香りを楽しむ吸い方をするため仕組みこそ違うものの似たような吸い心地を楽しむことができます。

アメリカや中国などを中心に人気が高く、喫煙志向の高まった近年では日本国内でも利用者が増えつつあります。

電子タバコは、リキッドと呼ばれるプロピレングリコール、グリセリン、香料を混ぜた液体を電気熱で加熱し水蒸気を発生させることで香りと味を楽しむデバイスです。

電子タバコはニコチン・タールフリー


日本で販売されている電子タバコのリキッドは、薬事法(現:薬機法)によりニコチン・タールフリーの製品のみ販売されています。

シーシャのようにフレーバーを楽しみたいけど、ニコチンやタールの入っていない製品を使いたい方や、健康被害を最大限に抑えたいという方に特におすすめです。

POD型電子タバコなら手入れも楽


シーシャを自宅で使おうものなら、準備や手入れ、メンテナンス等非常に大変です。

しかし、電子タバコであれば本体を充電してリキッドの準備さえできればいつでも気軽に使用することができます。

今主流となっているPOD型の電子タバコであれば、メンテナンスは一切不要!
リキッドの入っているPODを差し替えるだけでリキッドの補充からフレーバーの変更まで気軽に行うことができます。

機械音痴の方でも手軽に使える製品が多く販売されているので、好みや使用用途から自分にあったデバイスを探してみてください。


電子タバコを買うなら:Beyond Vape Japan.オンラインショップ

/pics/p/1-lFQTdg61a056815e0dc.png
電子タバコをお求めならBeyond Vape Japan.がおすすめ!

当店Beyond Vape Japan.では初心者から玄人の方におすすめのデバイスを多く取り揃えています。
購入してすぐに使える本体とカートリッジがセットになったスターターキットは特におすすめです!

初めて電子タバコを使用するという方には無料のオンライン接客サービスによって販売スタッフと直接やり取りすることも可能ですので興味のある方はお気軽にお問合せください。

シーシャのような満足感とシーシャにはない手軽さを求めている方は、ぜひ電子タバコも視野に入れてみてはいかがでしょうか?
>>電子タバコの購入はBeyond Vape Japan.にお任せ<<

シーシャのまとめ


シーシャは、普通の紙タバコなどと仕組みや吸い方が変わっており、タバコ葉を温めて発生した煙を水に通し、香りや味を楽しむタバコとなっています。

タバコ葉を使用しているため、紙巻きタバコよりも少ないとはいえ有害性はあり健康被害を引き起こす恐れは十分ありますので使用する際には自己責任です。

タバコと同じように年齢制限があり、未成年は吸えませんが違法では無いので成人済みであれば楽しむことができます。



また、シーシャは高くて頻繁に行けない、カフェやバーでシーシャを楽しむ暇がない、家でもシーシャと似たような感覚を味わいたいという方は、是非電子タバコもお試しください!



DATE : 2021/11/26

関連コラム

関連商品